飲む日焼け止めの安全性や副作用は?飲み方の注意点とは?

飲む日焼け止めの安全性や副作用は?飲み方の注意点とは?

飲む日焼け止めの安全性や副作用は?飲み方の注意点とは?

飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めとは異なり、飲むだけで紫外線から肌をガードしてくれます。

 

非常に便利なアイテムとして知られていますが、その反面、安全性や副作用に関して疑問視する声も少なくありません。

 

飲む日焼け止めサプリメントの副作用や、安全性の面に関してはどうなのかご説明します。

 

安全性はどうなのか?

日焼け止めというと、日本人が一番初めに思いつくのは、やはり塗るタイプの日焼け止めでしょう。

 

塗るタイプの日焼け止めは、皮膚に直接塗って肌をガードするタイプのものですので、薬品や化学物質などを主成分として作られていることが多いといえるでしょう。

 

そんな塗る日焼け止めをそのままカプセル状にして体内に摂取したら、当然ですが安全ではありません。

 

間違いなく、死に至ります。

 

ですが、飲むタイプの日焼け止めは、そもそもの使われている成分が全く異なりますので、体内に入っても安心できる商品がほとんどです。

 

使われている成分は商品によっても異なりますが、ほとんどの場合が植物性の天然素材のみを利用。

 

普段口にしている食材が利用されているものばかりですので、摂取しても安心などころか、肌質改善や美容効果、美白効果なども期待できると言えるでしょう。

 

感覚で言えば、フルーツやハーブなどを摂取して、体内から日焼けを防止しているという方が近いと言えます。

 

飲む日焼け止めの成分については「飲む日焼け止めに含まれるニュートロックスサンの効果について」で詳しく解説していますよ。

 

副作用はあるのか?

飲む日焼け止めの安全性や副作用は?飲み方の注意点とは?

 

飲む日焼け止めはほとんどの商品が、サプリメントとして販売をしています。

 

そのため医薬品などとは異なり、副作用というものはありません

 

ですが、自然派由来の成分が使われているため、使われている成分に食物アレルギーを持っている方妊娠中の方など、何らかの特殊な事情がある方は、体に不調をきたす恐れがあります。

 

こうした特殊な事情があるという方の場合は、独断で摂取をするのではなく、必ず医師や商品販売会社に問い合わせを行ってください。

 

飲んでも安心かどうか、飲むことは可能かどうかを確認したうえで、摂取をするように心がけましょう

 

副作用はありませんがこのように、人によっては体に何らかの異変が表れる恐れがあるという点は、十分注意が必要です。

 

不安なことがある場合は事前に相談を行いましょう

今まで、一度も飲む日焼け止めを使ったことが無いという方の場合は、特に何かと不安を持ってしまうものだと思います。

 

その不安を飲み込んでサプリメントを摂取してしまうと、万が一のことが起こった際に、後悔することになりかねません。

 

何か少しでも不安なことがある場合は、妥協をせずに、必ず販売会社や医師に相談の上で摂取をするように心がけましょう。

 

最近は、ユーザー向けに相談ができるフリーダイヤル相談室などを設けているメーカーもあるため、気軽に飲む日焼け止めについての相談ができます。

 

いくらアレルギー反応が出た事のない体だとしても、体内に入るものですから、吟味するのに越したことはないでしょう。

 

その安全性をしっかり確認した上で、継続飲用する事が食の安全を意識する日本人には最も適しています。

 

基本的にはどんな方でも飲むことが出来る便利なサプリメントですので、紫外線から肌を守りたいという方や、紫外線ケアを簡単に出来るようになりたいという方は、ぜひ一度お試しください。

 

そして、何らかの症状が出たときは、すぐに中止する決断力もサプリメントを常用するにあたり、意識して欲しい点です。

 

飲む日焼け止めはいつ飲むのが良い?ベストタイミングで飲むために

 

注意が必要なのは主成分に限らず!

飲む日焼け止めの安全性や副作用は?飲み方の注意点とは?

 

注意が必要なのは、主成分に限らず、他の成分にも注目するべきでしょう。

 

例えば、飲む日焼け止めの主成分などは問題なくとも、それと混合配合されている美容成分などが合わないケースもあります。

 

成分表示を見るときは、そうした細かい点もしっかりと確認しましょう。

 

お試し品などからスタートする

今まで、何の問題もなく飲む日焼け止めを飲用していたという人も、新たに違う種類の飲む日焼け止めを飲用するなら、破格で購入できるお試しタイプから飲用すると良いでしょう。

 

海外性の日焼け止めの安全度は?

欧米人やヨーロッパ人をはじめ、美容大国とよばれるお隣韓国では、既に飲む日焼け止めを日課としている人も少なくないでしょう。

 

こうした国で販売されている飲む日焼け止めの種類は豊富であるため、日本人の中にも個人輸入で購入している人が少なくありません。

 

個人輸入なら自己責任!

海外性の飲む日焼け止めを購入するときに、個人輸入という手段をとる人も少なくないでしょう。

 

個人輸入をする時は、自己責任になる覚悟となるでしょう。

 

こうしたケースでは、希にアレルギー反応などの副反応が現れた場合、何の責任も追求できなくなります。

 

日本人向けにできているサプリメントもある!

海外メインで販売されている飲む日焼け止めとはいえ、最近は日本人ユーザーの拡大から、海外商品でも日本人向けに生産されている飲む日焼け止めもあります。

 

サイトなどでしっかりチェックしてから、輸入などすると良いでしょう。

 

認定工場製造なら尚安心!

飲む日焼け止めを飲用するときに吟味するのは、何も成分だけに限りません。

 

製造工程や運用ルートなどにも目を向けるべきでしょう。

 

こうした情報は、サプリメントメーカーのホームページなどにも記載されています。

 

特に認定工場とされている場所での生産や、国内製造ならば、安心安全は期待しても良いレベルでしょう。

 

飲む日焼け止めに注意した方が良い人とは?

飲む日焼け止めの安全性や副作用は?飲み方の注意点とは?

 

飲む日焼け止めを飲用する上で、気をつけた方が良い人は、以下のような状況にある人達です。

 

妊娠中の女性

妊娠中の女性は、胎盤を通じて胎児にたくさんの栄養を与えています。

 

妊婦さんが摂取した成分は、赤ちゃんへ影響を与えるため、気をつけなければならないでしょう

 

注意しなければならないのは、飲む日焼け止めだけではなく、他のサプリメントも同等の事が言えるでしょう。

 

妊娠中でも安心して飲用できる天然成分ばかりですが、抵抗力も弱い時期と考えて飲用する場合は気をつけるべきでしょう。

 

飲む日焼け止めは妊娠中に飲むと危険?

 

授乳中の女性

授乳中も、血管を通じて母乳に飲む日焼け止めの成分が浸透します

 

母乳を通して赤ちゃんに成分が影響を及ぼすため、母乳育児真っ最中の女性は気をつけましょう。

 

高血圧・糖尿病の人

食事制限などをしなければならない高血圧や、糖尿病などの持病をお持ちの方も、持病で飲用している薬との飲み合わせもあるため、気をつけなければならないでしょう

 

主治医へ相談する事が大切です。

 

植物系のアレルギー持ちの方

飲む日焼け止めの主成分に、シダ科の植があげられます。

 

シダ科の植物にアレルギー反応を持つ人は、控えた方が良いでしょう

 

なんらかの植物アレルギーを持っている人も、急に反応が出るケースがあるため要注意です。

 

話題の飲む日焼け止め!PLエキスという成分について

 

4歳未満の子供

基本的に、殆どの飲む日焼け止めは4歳未満の子供の飲用は適切でないとされています。

 

ですが、まだ抵抗力やアレルギーの抗体が確立されていない、子供期の飲用は例え4歳以上でも避けたいものです。

 

心配な人ほど少量から試して見る!

メーカーにより、1日の飲む日焼け止めサプリメントの少量目安に違いがあります。

 

もちろん、その用量を厳守するほど効果は期待できるのですが、もし、アレルギーが心配であるならば、はじめは少量からスタートする事が望ましいのです。

 

大丈夫であれば、少量ずつ増やして、希望用量に定着していくようにしましょう。

 

まとめ

飲む日焼け止めの主な主成分は、天然由来の植物性が殆どです。

 

妊娠中やアレルギー、持病などを患っていない限り、安心して飲用できるサプリメントと言えるでしょう。

 

ですが、他のサプリメントにも言える事ですが、100%大丈夫と言いきれるサプリメントは存在しません。

 

飲用する時は、「自分に何らかのアレルギーが発症するかもしれない。」、「妊娠、授乳中は胎児の事を考えて控えておこう」などの知識と、意識を持ち合わせておくのが一番です。

 

塗る日焼け止めが肌に強すぎて、いつも日焼け止めを断念せざる終えないという人は、こうした飲む日焼け止めに切り替えても良いでしょう。

 

その際、何らかの反応が少しでも出た場合、すぐに使用をストップする事も大切です。

 

飲む日焼け止めの安全性や副作用は?飲み方の注意点とは?