日焼け止めクリームでビタミンDが失われる原因と対策方法

日焼け止めクリームでビタミンDが失われる原因と対策方法

日焼け止めクリームでビタミンDが失われる原因と対策方法

何気なく塗っている日焼け止めクリーム。

 

実は、ビタミンDが不足する原因になるということをご存じでしたか?

 

ビタミンDは、体の機能に欠かせない栄養素のひとつ

 

日焼け止めクリームが、意外な落とし穴になる理由について見ていきましょう。

 

ビタミンDの大切な働きについて 

ビタミンの種類はとても豊富で、それぞれに大切な役目がありますよね。

 

ビタミンDは、カルシウムのバランスをサポートする働きがありますので、骨の健康を維持するために欠かせない大切な栄養素。

 

またビタミンDには、免疫力を高める働きや、糖尿病ガン自閉症などの病気にも有効であるといわれていますよ。

 

そもそも、ビタミンDといっても種類は多く、D2〜D7まで合計で6種類もあります。

 

この大切なビタミンDですが、摂取するには食べ物から補う方法と、日光を浴びて体内で生成する方法があります。

 

多く含む食べ物には、魚、肉、卵などの動物性食品、またシイタケなどのキノコ類、海藻類など…

 

食生活が不規則な方は、サプリで補うのも方法の一つですね。

 

日焼止めでビタミンDが失われる理由 

日焼け止めクリームでビタミンDが失われる原因と対策方法

 

ビタミンDは、日光を浴びると体内で生成される特徴があります。

 

しかし、屋外に出る時は紫外線が気になりますよね。

 

紫外線アレルギーの症状と対策。飲む日焼け止めがオススメの理由

 

日焼け止めクリームを塗って日光を浴びると、実はビタミンDを失ってしまうのです。

 

日焼止めクリームが紫外線の侵入を防ぐため、本来体内で生成されるはずのビタミンDを作る機能が失われてしまいます

 

食事以外では、主に皮膚から補充されるとも言われていますので、日光に当たることは健康を維持するためにも大切なことなのです。

 

ビタミンDが不足すると、カルシウムの吸収が衰えてしまうため、骨密度や筋肉量の低下につながることも。

 

しかし、紫外線は肌にダメージを与えるので、どっちを優先したらいいか迷ってしまいますよね。

 

飲む日焼け止めで紫外線予防とビタミンD維持 

日焼け止めクリームでビタミンDが失われる原因と対策方法

 

日焼け止めは、クリームだけが方法ではありません。

 

日焼け止め塗っても焼ける肌には、飲む日焼け止めサプリが効果的

 

近年注目されているのが、飲む日焼止めと呼ばれるサプリメントタイプ。

 

活性酸素を抑制して、紫外線のダメージから肌を守る働きがあります

 

飲む日焼け止めならば、肌のトラブルを予防しながらもしっかり日光を吸収できますよね。

 

ビタミンDを生成しながらも、日焼け止めをするのはサプリ以外に方法はありません。

 

サプリには、ニュートロックスサンなどの抗酸化成分が配合されています。

 

肌の表面でなく、体の細胞レベルから日焼止めをすることができます

 

敏感肌の方、日焼止めクリームが使えない時などは、サプリでしっかりカバーしておきましょう。

 

太陽の光を浴びるのは、決してデメリットだけではありません。

 

体の機能を維持するためにも重要なことなのです。

 

まとめ

何気なく使っている日焼け止めクリームと、ビタミンDにはとても大切な関係があります。

 

日光浴は、体のバランスを維持するためにも定期的に行いたいですね。

 

その際は、必ず飲む日焼け止めで紫外線対策をしましょう。

 

日焼け止めクリームでビタミンDが失われる原因と対策方法