ゴルフを楽しむ際の日焼け止め対策。サプリで内側から紫外線予防

ゴルフを楽しむ際の日焼け止め対策。サプリで内側から紫外線予防

ゴルフを楽しむ際の日焼け止め対策。サプリで内側から紫外線予防

少し前までは紳士のスポーツとして、中高年の男性の趣味というイメージだったゴルフ

 

そんなゴルフも最近では、老若男女関係なく楽しむことが出来るスポーツとして、多くの方に人気を集めています。

 

特に若い女性は、若さのシンボルとも言える綺麗な肌をキープするためにも、紫外線対策に気を配る必要があるでしょう。

 

ゴルフに利用するアイテムには様々なものがありますが、その中でも欠かしてはいけないのは、やはり日焼け止め

 

ゴルフはプレイ中、ずっと外で太陽に照らされながらプレイしていますよね。

 

事前にしっかりと対策を行わないと、あっという間に紫外線ダメージに侵されてしまいます。

 

ゴルフで日焼け対策をする際には、下記ようにして日焼け止めを利用することがおすすめですよ。

 

日焼け止めはこまめに塗りなおす

ゴルフを楽しむ際の日焼け止め対策。サプリで内側から紫外線予防

 

塗るタイプの日焼け止めには、効果持続時間が記載されています。

 

*40や50など数値が書かれていますが、その数値が=分になります。40と書かれていれば40分ということです。

 

そのため、日焼け止めに記載されている時間ごとに、日焼け止めを塗りなおす必要があるといえるでしょう。

 

日焼け止めの塗り直しで絶対やかない!塗り直すタイミングとコツ

 

また時間内であっても、汗をかいてしまった場合などは、塗りなおさないと日焼け止めの効果を得ることが出来ません。

 

とにかくこまめに塗りなおすことが、日焼けをしない効果的な方法です。

 

汗や水にも強い日焼け対策が必須!

ゴルフは、1日に何コースも回る事があるため、汗をかきやすくなるでしょう。

 

汗で落ちやすくなった日焼け止めを塗り直すのも、「周りに申し訳なくてなかなかできない」、という人も少なくありません。

 

朝、念入りにつけた日焼け止めも、炎天下の中でのプレイでは、あっというまに汗に流されてしまいます。

 

こうしたことのないようにするためには、飲む日焼け止めなどを飲用してみるのも良いでしょう。

 

飲む日焼け止めならば、このように汗や皮脂で流れやすくなったり、いちいち塗り直す事もありません。

 

特に気温がピークになる7月や8月、日差しの強い土地でのゴルフプレイ時には気をつけたいものです。

 

飲む日焼け止めの持続時間と飲むタイミング

 

ゴルファーは首の後ろに もしっかりと!

ゴルフを楽しむ際の日焼け止め対策。サプリで内側から紫外線予防

 

ゴルフプレイヤーは、ショットを打つ時に、首を下に向ける姿勢をします。

 

この時、紫外線が首の後ろに直接当たっているのです。

 

また首後ろは、日焼け止めの塗り残しが多い部位。

 

手や顔には満遍なくつけるのに、首後ろは手薄という人は意外と多いのです。

 

こうした塗りむらは、美肌にとっての命とりとなりますので、ゴルフに夢中になったら、紫外線への対策もそれ以上に励むべきでしょう。

 

日焼け止め塗っても焼ける肌には、飲む日焼け止めサプリが効果的

 

ゴルフにお供させたい紫外線対策グッズ!

ゴルフプレイヤーとして、心得ておきたいのが、有無を言わさず紫外線対策グッズの併用です。

 

日焼け止めクリームなどと、一緒に合わせて使いたいものです。

 

肌を露出させないゴルフウェアの着用

近年のゴルフブームにあやかり、様々な種類のゴルフウェアが店頭に並んでいますね。

 

そんな中、肌を露出させないタイプのウェアを着用すれば、直に紫外線に当たる事はないでしょう。

 

サングラス

ゴルフ場に差し込む紫外線は時に、の日焼けを生じやすくしてしまうでしょう。

 

白目の部位が赤くなっていれば、目も紫外線の影響を受けたという事になります。

 

UVがしっかりカットできる、加工のサングラスをセレクトして目をいたわる必要があります。

 

日傘

日傘は紫外線を遮るには、とても効果的なグッズです。

 

ゴルフ場の規定により、日傘を問題なく使用できるゴルフ場や禁止されているゴルフ場などもあるため、その都度確認をしてから使うようにしましょう。

 

首回りのスカーフ

ゴルフパットでボールを打つ時に、前かがみになるのがゴルフスタイルですよね。

 

その時に首後ろに紫外線が当たる事で日焼けが生じるため、スカーフなどを巻いてプレイするのも良いでしょう。

 

これらの紫外線対策グッズがすべて用意できて、すべてを身に纏う事ができればゴルフ場にて完璧な紫外線対策が期待できますね。

 

ですが、完全に対策するのはなかなかむすがしいもの。

 

そんな時は、飲む日焼け止めで隙のない日焼け対策をしてみてはいかがでしょうか。

 

きっと、「なんて簡単なのだろう!こんなにたくさんの紫外線対策グッズを揃える必要なんてなかったのね!」と実感する事でしょう。

 

ゴルフ場に注ぐ紫外線は、A波B波のどちらも要注意

ゴルフを楽しむ際の日焼け止め対策。サプリで内側から紫外線予防

 

ゴルフ場から帰ってきた人を見ると、腕や顔が日焼けしていて、ついつい「シミに気をつけて!」なんて忠告したくなるものです。

 

ゴルフ場に注ぐ紫外線は、波長の短いB派が主流で、肌を赤く日焼けさせやすくします。

 

ですが、波長の長いA波がエラスチンを破壊して、シワたるみまでを引き起こしてしまいます。

 

日焼けでできたシミ、キレイにするための方法を徹底研究

 

ゴルフ場で紫外線対策を怠ると、一気に老化を引き起こしてしまうのです

 

若い女性からも支持を集めているスポーツだけに、紫外線なんか気にせずに、女性の大切な肌をもいたわりながら楽しみたいものですよね。

 

紫外線は疲労をも引き起こす

紫外線は、シミやシワだけを引き起こすものではありません。

 

紫外線により、疲労をも蓄積しやすくなるでしょう。

 

また、長時間のプレイであるために、紫外線に対するリスクは他のスポーツよりも高いと言えるのです。

 

この長時間プレイでの紫外線をいかに防御できるかで、ゴルフの楽しみ方も変わるでしょう。

 

どうせなら、紫外線に汚染されない美しい肌でカッコよくゴルフを楽しみたいものですね。

 

曇りの時こそしっかりと日焼け止めを!

日差しが弱い曇りの日を狙って、ゴルフのプレーをするという方も少なくありません。

 

そんな日こそ、日焼け止めをしっかりと利用することが大切ですよ。

 

実は通常、紫外線は、太陽の日差しによってある程度は焼かれてしまっているため、多少は軽減されています。

 

しかし、曇りの日は日差しで紫外線が軽減していないので、ダイレクトに肌に到達します。

 

日差しが強い日=紫外線が強い日というわけでは決してありません

 

必ずゴルフプレイ前には、日焼け止めをしっかりと利用する必要があるでしょう。

 

塗るタイプの日焼け止めの場合は特に、外に出る前に塗るようにすることで、効果を得ることが期待できます。

 

飲む日焼け止めの利用もおすすめ

ゴルフを楽しむ際の日焼け止め対策。サプリで内側から紫外線予防

 

基本的に日焼け対策といえば、塗るタイプの日焼け止めを想定する方が多いですよね。

 

ゴルフプレイの際にも、塗る日焼け止めを常備してプレイをしているという方も珍しくありません。

 

ですが、万が一芝生に垂れてしまっては大変なことですし、プレイ中に何度も塗りなおすというのは、マナーの面を考えても、あまり良い顔をされないケースが多いです。

 

出来るだけ持ち運ばないようにした方が、賢明といえるでしょう。

 

スマートに、確実に日焼け止め効果を得たいという方は、塗るタイプの日焼け止めではなく、飲むタイプの日焼け止めを利用することがおすすめです。

 

飲む日焼け止めは何度も飲みなおすなどの必要がなく、お出かけ前に飲んで、帰宅後にまた飲むなど、プレイの妨げになることなく、日焼け対策をすることが出来ます。

 

飲む日焼け止めはいつ飲むのが良い?ベストタイミングで飲むために

 

飲む日焼け止めサプリを試してみたいという方は、オススメの飲む日焼け止めランキングをチェックしてください!

 

飲む日焼け止めなら頭皮も焼けない!

日焼けしてしまうのは、顔や手腕だけではありません。意外と頭皮も焼けています。

 

ゴルフ場から帰って何気に頭皮をのぞいたら、頭皮が赤くなっていたなんてこともあります。

 

そんな頭皮に日焼け止めクリームをつけるのは、髪の毛が邪魔して綺麗に塗る事はできないでしょう。

 

ですが、頭皮が日焼けしていると、清潔感のない印象を与えてしまう事になるのです。

 

そんな時、飲む日焼け止めは頭皮の日焼けまでも予防してくれるでしょう。

 

まとめ

今だ止むことのないゴルフブームですが、長時間、ゴルフ場に注ぐ紫外線により肌トラブルや疲労を引き起こしてしまうでしょう。

 

ですが、万全な紫外線対策を心がければ、紫外線を気にせずに存分にゴルフプレイが楽しめるはずです。

 

そのためには、ストレスのない“飲む日焼け止め”を飲用してみましょう。

 

ゴルフを楽しむ際の日焼け止め対策。サプリで内側から紫外線予防