ハワイでのおすすめ日焼け対策。強い紫外線には飲む日焼け止めを

ハワイでのおすすめ日焼け対策。強い紫外線には飲む日焼け止めを

ハワイでのおすすめ日焼け対策。強い紫外線には飲む日焼け止めを

初めての海外旅行や新婚旅行の際に、ハワイを選択する方は少なくありません。

 

距離的にも気兼ねなく行くことが出来るため、毎年のように旅行をしているという方も多いですよね。

 

ハワイは日本に比べると、非常に紫外線が強いため、日焼け対策をしていかないと、あっという間に紫外線の餌食になってしまいます。

 

ハワイでおすすめの日焼け対策といえば、飲む日焼け止めサプリ

 

飲む日焼け止めサプリがおすすめなのか?理由をご説明していきます。

 

海外の紫外線ほど怖いものはない!?

ハワイはもちろん、グアムやオーストラリアなどの日本人旅行客が後を絶たない国々では、紫外線量がとても多い国ばかりです。

 

こうした赤道に近い国ほど、日本の3倍〜6倍の紫外線量があるのだとか。

 

初めてハワイなどを訪れた人は、国内程度の紫外線対策では、いっきに肌トラブルが発症してしまうので、焦りや恐怖を感じずにはいられないでしょう。

 

沖縄で絶対焼きたくない!紫外線対策は飲む日焼け止めサプリが有効

 

ハワイの気候を知ろう!

ハワイは、5月から本格的な暑さや紫外線が降り注ぐ夏に突入するでしょう。

 

多少の雨は降りますが、すぐに気温の高さでカラカラに乾いてしまいます。

 

ですから、5月のゴールデンウィークを使ってハワイに行く人は、完全防御でしっかりと対策をしなければならないのです。

 

もちろん、この時期に限らず、一年中紫外線が高いため、完全な紫外線対策は必須となるでしょう。

 

ですが、ハワイは余暇を使ってバカンスとして行くケースが多いため、遊びに夢中で、しっかりした紫外線対策をおろそかにしてしまうケースは否めません。

 

特に家族旅行であれば、お子さんの日焼け対策に精一杯で、自分の日焼け対策に隙を見せてしまう事もあるでしょう。

 

また、こうした楽しいバカンスに、日焼け止めを塗ったり、塗り直したりの時間を費やすのは非常に面倒に感じてしまいますよね。

 

日焼け止めの塗り直しで絶対やかない!塗り直すタイミングとコツ

 

現地ではたくさんの日焼け止めが販売され常備されている事も…

ハワイに到着すると、現地のワイキキなどのショップでは、たくさんの種類の日焼け止めが販売されています。

 

日本では見たことのないような、SPF100以上の値を誇る商品などもあるのです。

 

それだけ強い日焼け止めを使うと、肌の弱い人は日焼け止めにより肌を悪化させてしまう事にもなり兼ねないのです。

 

塗る日焼け止めの副作用については、「日焼け止めでかぶれた時の対処と敏感肌の紫外線対策について」で詳しく解説していますよ。

 

ですから、こうしたハワイのように明らかに紫外線が強い国を訪れる前には、日本人の肌に優しい、SPF50程度の商品を持参する事が望ましいでしょう。

 

ですが、それでもやはり海外の紫外線量が気になる方は、飲む日焼け止めサングラスUVパーカーなどで完全防備する事がハワイを満喫させる術なのです。

 

ちなみに、ハワイなどの海外における日焼け止め事情は、現地のショップでたくさん扱っているだけではなく、プールサイドやホテルのテラス、ロビーにも置かれているケースがあります。

 

ですが、こうした強めの塗る日焼け止めをつけてしまえば、肌がつっぱったり、乾燥して肌呼吸がしにくくなったりと、肌の機能を衰退させてしまうため注意が必要となるでしょう。

 

レンタカー移動にも要注意!

ハワイに到着したら、ビーチだけでなく、レンタカーを借りて現地でのドライブを楽しむ人も少なくないでしょう。

 

ですが、車のフロントガラスを透過する紫外線はかなり強いため、気をつけなければならないのです。

 

それでなくとも、紫外線量が半端ない常態で降り注ぐハワイでの紫外線ですから、フロントガラスを透過する紫外線には最大の注意が必要となるでしょう。

 

ハワイでの肌トラブルに注意!

ハワイでのおすすめ日焼け対策。強い紫外線には飲む日焼け止めを

 

紫外線による、ハワイでの肌トラブルは意外と多いものです。

 

日本とは比べものにならない量や強さの紫外線により、肌が赤く炎症をおこしたり、水ぶくれを生じさせたりしてしまう事も否めないでしょう。

 

そうした肌の非常事態に、ハワイでの皮膚科受診はなかなかハードルの高いものがあるのです。

 

保険が適用されないため、救急車を呼ぶだけで高額な金額が発生じたりと、思わぬハプニングと代償が生じるでしょう。

 

こうならないためにも、隙のない紫外線対策をする必要があるため、飲む日焼け止めなどでしっかりとした全身ケアをする事が大切です。

 

日焼けは肌がやけどをしている状態、サプリですみやかに修復を!

 

ハワイではウォータープールフタイプの日焼け止めが必須!

ハワイでのおすすめ日焼け対策。強い紫外線には飲む日焼け止めを

 

ハワイで、塗るタイプの日焼け止めを使う場合、気にしなければならないのは、高めのSPF値ばかりではありません。

 

海の水に触れる機会も多いことから、水や汗に強いタイプの所謂、ウォータープールフタイプの商品が必要になってくるのです。

 

ですが、こうしたウォータープルーフはクレンジングが必要で、落とし忘れがあると、肌トラブルの原因となってしまうでしょう。

 

また塗り直しで重ねづけする事で、肌トラブルが益々生じやすくなる事にも要注意です。

 

塗り直しなどなく集中日焼け対策

飲む日焼け止めサプリはその名の通り、サプリメントを摂取して、体内から日焼けを防止する効果が期待できるサプリメントです。

 

塗るタイプの日焼け止めが一般的ではありますが、近年その手軽さや効果の高さから人気が高まっている、日焼け対策アイテムといえるでしょう。

 

そんな飲むタイプの日焼け止めですが、塗るタイプとは異なり、一時間や数十分など、定期的に塗り直しをする必要がありません。

 

一日一回〜二回など、決められた回数を飲むだけでOK!

 

飲む日焼け止めの持続時間と飲むタイミング

 

体内から紫外線の吸収を抑え、日焼けをガードしていく働きが期待できます!

 

また、既に蓄積してしまっている紫外線ダメージを改善し、緩和していく働きも期待できますよ。

 

より強い紫外線を浴びてしまった日は特に、しっかりとケアをすると、体内から紫外線ダメージを緩和することが出来るといえるでしょう。

 

ハワイで行う日焼け対策

ハワイでのおすすめ日焼け対策。強い紫外線には飲む日焼け止めを

 

ハワイで行う日焼け止め対策として、よく行われている方法は主にこれらがあげられます。

 

塗る日焼け止め

ハワイのように強い紫外線を浴びる場に適した、非常に強いタイプの日焼け止めを利用する方が多いといえるでしょう。

 

日本人の肌に負担がかからないタイプの、高SPF値日焼け止めを使う必要性があります。

 

サングラス

紫外線が最も侵入する場所は、からです。

 

そんな紫外線の侵入を防ぐために、現地の方でもサングラスをしている方がほとんどですね。

 

長袖を着る

肌を露出しないように、長袖を着るという対策をする方も少なくありません。

 

特に、UV加工の施されたUVパーカーの着用はとても効果的ですよ。

 

ですが、非常に熱い気候の上に、せっかくの開放的な気分が台無しになると感じる方も多く、すぐに長袖を脱いで、結局日焼けをしてしまう羽目に。

 

外に出ない

あまりの紫外線の強さに、宿泊先から極力出ないという対策をする方もいるようですが、それでは何のためにハワイにまで行ったのかわかりません。

 

こちらの対策は、あくまで最終手段だといえるでしょう。

 

確実に日焼け対策をしたいなら…

ハワイでのおすすめ日焼け対策。強い紫外線には飲む日焼け止めを

 

上記のように、飲む日焼け止めサプリ以外の対策もあるにはありますが、対策としてはデメリットな部分もあると言えます。

 

ですが飲むタイプの日焼け止めの場合、基本的に飲むだけでOKですので、これと言ったデメリットがありません。

 

確実に、でも簡単に紫外線対策、日焼け対策をしたいという方には、まさにぴったりの日焼け止めアイテムだといえるでしょう。

 

ハワイを心置きなく楽しむためにも、おすすめの日焼け対策方法です!

 

飲む日焼け止めサプリのお試しは、飲む日焼け止めランキングも参考にしてください。

 

まとめ

日本人が大好きなハワイ旅行は、ハネムーンや家族旅行の代名詞のようになりつつありますよね。

 

ですが、日本とは明らかに違う紫外線量の高さに、驚かされるシーンも多々あるでしょう。

 

そんな状況を踏まえて、あらかじめ完全防備するように紫外線対策をする必要があるのです。

 

それにはUVパーカーやサングラスは必須ですが、SPFの高い塗る日焼け止めも忘れずに利用しましょう。

 

ですが、こうしたSPFの高い日焼け止めは逆に言えば、肌荒れリスクを高めるため、飲む日焼け止めにスイッチさせる事もオススメですよ。

 

ハワイでのおすすめ日焼け対策。強い紫外線には飲む日焼け止めを