日焼けすることでさまざまなデメリットが!日焼け対策は万全に!

日焼けすることでさまざまなデメリットが!日焼け対策は万全に!

 

日焼けが肌や体に及ぼす影響は、想像以上に大きいです。

 

中には、健康を害したリ、日常生活に支障の出るような症状にまで関係している場合も

 

日焼けをすることは、メリットよりもデメリットの方が多く、できる限り日焼けをすることを予防して生活していくことが大切です。

 

ここでは、日焼けをすることで起こるデメリットについて、詳しく解説していきましょう。

 

日焼けをすることで起こるデメリット

 

日焼けをするということは、単に肌の色が濃くなったり、黒くなってしまったりということに留まりません。

 

日焼けをするということは、体や肌に非常に深刻な事態をもたらし、健やかな状況を崩してしまう要因になります。

 

日焼けしてすぐに起こるデメリット

肌の色が濃くなる

何といっても、日焼けをしてすぐに感じるデメリットといえば、肌の色が濃くなるということ。

 

特に女性であれば、美白美肌の大敵となったり、日焼けした部分だけ他の肌の色と違ってしまうということが起こります。

 

水ぶくれができたり炎症になったりする

酷い日焼けをすると、水ぶくれや肌の炎症を引き起こしてしまうということもあります。

 

日焼けによる水ぶくれを治すには?飲むサプリで内側からケアを!

 

肌がヒリヒリしたリ、真っ赤になってしまうということも、大きなデメリットの1つだといえるでしょう。

 

時間の経過とともに引き起こされる深刻なデメリット

シミ(老人性色素斑)

日常的に日焼けをしていたり、酷い日焼けをしてしばらくすると悩むようになるのが、シミ色素沈着といった症状。

 

これは、紫外線によって肌細胞の奥深くにあるメラノサイトが刺激されて起こる、いわば肌の防御反応で、年齢を重ねるごとに増えていってしまいます。

 

日焼けとシミについては「日焼けでできたシミ、キレイにするための方法を徹底研究」で詳しく解説していますよ。

 

しわやたるみ(光線性弾性繊維症)

日焼けをして肌細胞が損傷を受けることで起こるのが、しわたるみといった老化現象

 

日焼けをして肌が紫外線ダメージを受けると、老化のスピードが速まり、ハリのないたるみ肌になってしまいます

 

白内障(目の老化)

紫外線は肌だけでなく、目の細胞も老化させてしまいます

 

飲む日焼け止めで目の紫外線対策を!目のダメージもしっかり防ぐ

 

しかし、目に日焼け止めを塗るわけにはいきませんので、効率よく予防していくためには、体の内側からケアしていくことが重要

 

皮膚癌

紫外線によって長期的にDNAが損傷を受けると、やがて皮膚癌になりやすくなるということもわかっています。

 

デメリットばかりの日焼け、効率よく防ぐアイテムは?

 

このように日焼けすることによって、老化という大きなデメリットを背負うことになります。

 

そういったことからも、より効果的に紫外線を防いでいかなければならないということがわかりました。

 

そこでオススメなのが、飲む日焼け止め

 

体の内側から、日焼けしない体を手に入れいるという方法です。

 

日焼け止めが塗れない部分もケアできる

飲むタイプの日焼け止めなら、肌がメラニンを作りだすメラノサイトという細胞の働き自体を阻害し、メラニンを作らせないような効果を発揮。

 

日焼けのメカニズムを理解して効率よくサプリメントで紫外線対策を!

 

肌だけでなく、目のような日焼け止めを塗ることができない部分の紫外線対策も行うことができます

 

まとめ

日焼けすることによって、多くのデメリットが発生します。

 

長期的に見れば、美容だけでなく健康を損なうほどの大きなデメリットもつきまとってしまうことも

 

また、塗るタイプの日焼け止めでは、どうしても日焼けしてしまいます。

 

飲む日焼け止めで、体の中から紫外線に対処し、日焼けをしにくい体を作っておきましょう