日焼けのメカニズムを理解して効率よく紫外線対策をする方法

日焼けのメカニズムを理解して効率よくサプリメントで紫外線対策を!

 

日焼けによる肌への影響は、シミシワだけでなく、さまざまな肌トラブルの要因となります。

 

その日焼けを効率よく予防していくために、日焼けをするメカニズムを理解し、より優れた紫外線対策をしていくようにしましょう。

 

日焼けをするメカニズム

 

まずは、日光を浴びることによって、肌が日焼けをするメカニズムについて詳しく解説しますね。

 

肌の日焼けを引き起こす要因としては、主に2つの種類の紫外線が深く関係しています。

 

紫外線の種類

紫外線には3つの種類があり、最も波長の長いA波(UVA)、中間的な波長となるB波(UVB)、そして波長の短いC波(UVC)に分かれています。

 

あまり知られていませんが、波長の短いC波(UVC)は、大部分がオゾン層によって遮られてしまうため、日焼けとはあまり関係しません

 

つまり、日焼けの原因になるのは、「A波(UVA)」と「B波(UVB)」の2種類の紫外線です。

 

日焼けを引き起こす2つの紫外線A波(UVA)とB波(UVB)

紫外線に含まれているA波とB波が、日焼けをする際に影響を及ぼします。

 

日焼けには、肌が赤くなりヒリヒリしたリ水ぶくれを起こす「サンバーン」という日焼けと、肌の色が黒くなる「サンタン」という日焼けがあります。

 

日焼けによる水ぶくれを治すには?飲むサプリで内側からケアを!

 

肌表面にダメージを与えサンバーンを引き起こすB波

B派(UVB)は非常にエネルギーが強く、肌表面にある細胞を損傷したリ、肌に炎症を引き起こす要因に。

 

また、炎症が頻繁に起こることによって、シミや皮膚癌などの原因になることもわかっています。

 

日焼けでできたシミ、キレイにするための方法を徹底研究

 

肌の奥まで届いてサンタンを引き起こすA波

A波(UVA)は、波長が長いため雲や窓ガラスなども通過して、肌の奥深く表皮の下にあるメラノサイトまで到達してしまう紫外線。

 

曇っている日でも、うっすらと日焼けをしてしまうのは、このA波の影響によるもの

 

曇りの日こそ油断大敵!日焼け対策には飲む日焼け止めサプリを

 

肌の奥深くにまで到達したA波によって、メラノサイトが刺激され、チロシナーゼ活性が行われます。

 

このチロシナーゼ活性によって、チロシンに作用することで、チロシンはメラニンに変化。

 

本来、メラニンは肌を黒くして、紫外線から肌を守るという役割を持ちます。

 

つまり、メラノサイトまで紫外線が到達すると、その紫外線ダメージを少しでも予防しようとしてメラニンによって日焼けを起こし、肌を守ろうとするのですね。

 

日焼けを効率よく予防するための方法

 

このようなことから、最も効率よく紫外線を予防するためには、肌内部のメラニン生成という働きを阻害することが有効だということがわかります。

 

シロチナーゼ活性酵素を抑制し、メラニンを作らせない

紫外線は、少しでも肌の奥にあるメラノサイトに届いてしまえば、メラニン生成という活動が始まってしまいます。

 

つまり、どんなに日焼け止めを塗ったり、衣類で遮断したりして予防したとしても、外側からの予防策では不十分

 

  • 「シロチナーゼ活性酵素」を作らせないようにすること
  • メラニンの生成を阻害すること

 

この2つが重要になってくるというわけです。

 

体の内側からシロチナーゼ活性を予防するためのアイテムが必須

 

そこで、体の内側からメラニンを作りだす働きをストップすることができるアイテムが必要。

 

その理想的なアイテムが、飲むタイプの日焼け止めサプリなのです。

 

日焼け止めサプリを摂取することで、紫外線を浴びても日焼けを起こすシステム自体を止めているため、日焼けする確率を大幅にカット。

 

また、メラニン生成させないため、日焼けだけでなく日焼けによるシミやそばかす、色素沈着も効率よく予防していくことができます

 

飲む日焼け止めプラス塗る日焼け止めがベスト

 

日焼けを徹底的にしないようにするためには、飲む日焼け止めを利用すると同時に、塗るタイプの日焼け止めも使うこと

 

内側と外側から同時に、紫外線対策をしていくようにすると良いでしょう。

 

飲む日焼け止めは、飲むだけという簡単なステップで、塗るタイプの日焼け止めよりも絶大な効果を発揮することができます。

 

今まで利用していた塗るタイプの日焼け止めもプラスすることで、日焼けを完全に予防することができるようになるでしょう。

 

飲む日焼け止めを飲んでいれば塗るタイプの効果は低くても良い

日焼けのメカニズムを利用して、日焼けを起こす細胞の働きを抑制してしまう飲む日焼け止め。

 

今までどんな対策をしても焼けてしまったという、日焼けをしやすい人でも満足のいく紫外線対策ができるようになります

 

日焼け止め塗っても焼ける肌には、飲む日焼け止めサプリが効果的

 

体の内側の日焼けのメカニズム自体を停止しているのですから、同時に利用する塗るタイプの日焼け止めの日焼け予防効果を下げて、肌に与える負担や刺激を低くすることも期待できるでしょう。

 

塗るタイプの日焼け止めは紫外線予防効果が高いほど、肌には大きな負担となります。

 

飲むタイプの日焼け止めを使うことによって、美肌も手に入れることができるというメリットがあるでしょう。

 

まとめ

肌が、自分自身を守ろうとするメラニン生成というメカニズムを上手く利用して、日焼けを予防する飲む日焼け止め。

 

日焼けによる肌トラブルや肌の悩み、エイジングサインを予防するうえでも、非常に大きな効果を発揮してくれます。

 

いつまでもシミやそばかす、色素沈着のない美しい肌を保ちたいなら、これからは飲む日焼け止めを利用しましょう

 

体の内側から、日焼けをするメカニズムを抑制していくことが大切です。