飲む日焼け止めはいつ飲むのが良い?効果的な飲み方は?

飲む日焼け止めはいつ飲むのが良い?効果的な飲み方は?

飲む日焼け止めはいつ飲むのが良い?効果的な飲み方は?

「飲む日焼け止めは、いつ飲むと効果があるの?」

 

と疑問を持っている方が多いようですが、そもそも飲む日焼け止めって何?という方もいますよね。

 

そこで、正しく飲む日焼け止めを活用するための、基礎知識について見ていきましょう。

 

飲む日焼け止めの飲むタイミングが正確に明記されていない理由とは

飲む日焼け止めは、健康補助食品サプリメントに値します。

 

病院から処方されるお薬や市販のお薬などには、朝晩食後の後に、痛みが出たらという記載や説明を受けるので、飲むタイミングが明確といえます。

 

ですが、サプリの場合では、「一日に◯粒?◯粒までを目安に…」のような記載ですから、素人判断ではなかなか飲むタイミングがわかりづらいと言えるでしょう。

 

これは、自己判断に委ねられるわけですから、自分の生活状況を再確認する必要があります。

 

一日の自分の行動パターンや、日中のどの時間帯に外出する事が多いかなどを考慮して飲用のタイミングを掴みましょう

 

例えば、日中の仕事をしている人は出勤するタイミングに合わせて飲めば良いわけですが、夜型の仕事や不定期な時間帯に働いている人は飲み方がバラバラです。

 

ですから、人それぞれ飲むタイミングに違いがあるのは当然の事なのですよ。

 

飲む日焼け止めの持続時間と飲むタイミング

 

サプリはいつ飲むと効果がある?

飲む日焼け止めはいつ飲むのが良い?効果的な飲み方は?

 

紫外線対策のサプリメントは、最近では大手のメーカーも力を入れている商品です。

 

色々な種類があり、効果や効能は多少違いがあります。

 

そもそも飲む日焼け止めは、いつ飲むものなのでしょうか?

 

サプリを摂取してから効果がでるのは30分後

 

これは、日焼け止めクリームを使った場合とほぼ同じで、何週間もしないと効果がでないものではなく、出かける30分前に飲めばいいのです。

 

飲むサプリの数などは各商品によって異なりますので、確実な効果を実感するには必ずサプリの用法を守りましょう。

 

サプリは継続するほど、肌が紫外線に強くなるメリットがありますので、夏の怖い日差しもこれからは安心ですね。

 

クリームは塗り忘れやすい首やうなじなどの心配がありますが、サプリなら全身カバーできる点もメリットです。

 

日焼け止め塗っても焼ける肌には、飲む日焼け止めサプリが効果的

 

住んでいる地域も考慮しよう!

気温も高く、日照時間の長い九州地方では、こまめに日焼け止めを塗ったり、飲む日焼け止めを使用するなど、日焼け対策に余計力を入れるべきでしょう。

 

また、こうした気温の高い地域に居住する人は、紫外線対策の意識が高いです。

 

一方、日照時間の少ない日本海側の地方は紫外線が、さほど気になりませんが、逆に紫外線に対して鈍くなってしまってる感覚こそあります。

 

しかし、曇り空でも紫外線は容赦なく降りかかってきます。

 

飲む日焼け止めは、こうした紫外線の少な目な地域の人達にも、少なからずニーズがあるでしょう。

 

地域によって、日焼け止めの価値観に違いがあるため、自分なりの飲むタイミングを見つけるのがベストですね。

 

通学や通勤手段を再確認

通学や通勤に車や自転車を使う人は、家を何時頃に車や自転車で出発するのか…に合わせて飲むようにします。

 

とくに、車のフロントガラスを透過して降り注ぐ紫外線は油断ならないため、忘れずに30分前までには飲用するべきでしょう。

 

飲み方にも気を配ろう

飲む日焼け止めを飲むタイミングも大切ですが、飲み方も大切といえるでしょう。

 

サプリメントに限らず、薬にも言える事ですが、牛乳でサプリを飲む事は、胃に膜ができやすいため控えましょう。

 

また、ビタミンC豊富なフルーツ系のジュースも控えた方が無難です。

 

日焼けとビタミンCの関係性は「オレンジジュースを飲むと日焼けが促進する?!」で詳しく解説していますよ。

 

水や白湯などで飲むのが、サプリ成分の吸収をじゃませずにベストな飲み方です。

 

知っておきたい飲むタイミングとは?

飲む日焼け止めはいつ飲むのが良い?効果的な飲み方は?

 

紫外線を一番浴びてしまうのは、日陰がない海水浴場やプールなどのアウトドアです。

 

これらは、短時間で肌が赤くなるほど日焼けしてしまいます。

 

このような場所に行く場合は、当日飲むことも大切ですが、さらに数日前からサプリを飲んでおくと安心です。

 

サプリの効果で、肌の角質層にも栄養がしっかり行き届きます。

 

また、紫外線のUV-Bがもっとも強くなるのが、夏の午後です。

 

国内では、北海道よりも沖縄のほうが2倍も紫外線が強いといわれています。

 

午後に出かける時はさらに注意して、30分前には飲む日焼け止めを忘れずに飲むようにしましょう。

 

効果が持続するのは2時間〜4時間なので、このタイミングも忘れずに外出先でサプリを飲むなど意識してください。

 

紫外線は夏だけでなく、や曇り空でも注意が必要です。

 

また目に入る紫外線は朝や夕方にも多いため、飲む日焼け止めはタイミングを合わせ上手に紫外線対策をしてくださいね。

 

飲む日焼け止めで目の紫外線対策をするポイント

 

サプリだけで本当に効き目はある?

飲む日焼け止めはいつ飲むか、タイミングは人それぞれですが効き目は早いので外出先でもOK。

 

でも気になるのが、本当に「飲むだけ」で日焼け予防はできるのか?ですよね。

 

完全に紫外線をブロックしたい場合は、日焼け止めクリームと併用するほうがオススメ

 

日差しが強いときは、日傘や日陰を歩くなど、ちょっとした心がけも大切です。

 

サプリだけでももちろん効果はありますが、さらに効果を発揮させるためには普段の生活習慣や食生活などもバランスをとるとよいでしょう。

 

紫外線は、夏だけではありません。

 

冬のお天気の良い日もしっかり肌を守るには、体のなかからのケアが必要ですね。

 

アウトドアなどでは追加飲用も!

飲む日焼け止めはいつ飲むのが良い?効果的な飲み方は?

 

夏には、海やプールなどのレジャーを楽しむ人が大勢いるでしょう。

 

登山に行くのにぴったりな日焼け止めは?

 

アウトドア派が一番気にするのは、通常浴びる紫外線量の何倍もの紫外線量です。

 

“若気の至り”で、ついつい調子に乗ってしまったレジャー遊びが数年後には、老化の原因となるシミやソバカスの原因にもなってしまうのです。

 

そんな時は、やはり飲む日焼け止めが効果的です。

 

レジャー地に向かう30分前には、飲用しているのが基本です。

 

ですが、ここで気をつけていただきたいことがあります!

 

こうした紫外線を多量に浴びてしまうケースでは、塗る日焼け止めの“塗り直し”と同じで、“飲み直し”というものが必要になるでしょう。

 

飲む日焼け止めの効果が薄れる6時間後には再度、飲み直しするなどして、日焼けの万全対策を心がけたいものです。

 

Winter Sportsにも注意が必要!

ついつい連想してしまいがちなのが、「夏=紫外線」 ですよね。

 

ですが、スノボーやスキーなどのWinter Sportsとよばれるようなスポーツにおいても紫外線は大敵といえるでしょう。

 

雪山に跳ね返る紫外線は、時に「雪焼け」なんてよばれるくらいに日焼けをしやすくなります。

 

よくゴーグルの跡がつくくらいに、日焼けしているプレイヤーを見た事がありますよね。

 

Winter Sportsをする前も、紫外線予防をするタイミングになります。

 

もちろん、数時間後の追加飲用も忘れずに行いたいものですね。

 

飲み忘れを防ぐための工夫を!

飲む日焼け止めの効果を発揮したいならば、他のサプリ同様、継続させるという事が基本となります。

 

ですが、ついつい忘れやすく、飲み忘れも多いのがサプリメントです。

 

病気や怪我で、痛みや苦痛がある時の薬の飲用は忘れにくいもの。

 

ですが、日焼けのように、症状が後から出てくるものに対して飲用する飲む日焼け止めは、なかなか継続意識がなくなるものなのです

 

例えば、毎日の通勤前に飲んでおきたいのであれば、スマホのアラームを設定しておくなどして、飲み忘れのないように完全な紫外線対策を目指しましょう。

 

まとめ

飲む日焼け止めは、シミケアや紫外線対策として毎日飲むサプリメントです。

 

飲む日焼け止めはいつ飲むか、日差しに当たるタイミングに合わせながら毎日継続するとよいでしょう。

 

また、塗る日焼け止めと同じで、アウトドアなどの強い日差しには、塗り直しと同じ感覚で“飲み直し”をしてあげる事も大切になります。

 

外出するのが怖くなるほど日差しが強い時、サプリがあればもう安心ですね。

 

飲む日焼け止めはいつ飲むのが良い?効果的な飲み方は?