日焼け止めでかぶれた時の対処と敏感肌の紫外線対策について

日焼け止めでかぶれた時の対処と敏感肌の紫外線対策について

日焼け止めでかぶれた時の対処と敏感肌の紫外線対策について

日焼け止めは、肌に厚塗りしないと、汗で流れる心配がありますよね。

 

何度も塗り直しすると、さらに肌には負担になってしまいます。

 

紫外線は、なんとしてでもブロックしたい!

 

けれど、かぶれが心配という方も多いのではないでしょうか。

 

そんな日焼け止めのかぶれ対策と、敏感肌にあった対処方法をご紹介します。

 

日焼け止めでかぶれの主な症状と原因 

日焼け止めでかぶれた時の対処と敏感肌の紫外線対策について

 

日焼け止めが肌に合わない場合には、以下のような症状があります。

 

これらの症状は個人差があるため、人によって全てが出るとは限りません。

 

赤くなる

肌が炎症を起こすために、赤みが出やすくなるでしょう。

 

さらに炎症が酷いと、なかなか赤みがひかずに、いつまでも続くのです。

 

「いつもよりほんのり赤みがかっているな」
「皮膚が熱を帯びているな…」

 

などと感じ始めたら、日焼け止めが合わないかもしれないと察知しましょう。

 

かゆみ

肌は、合わない成分が入り込む事で拒否反応をおこします。

 

花粉症のムズムズした痒みや、蕁麻疹のような痒みもそうした人間の抗体反応によるものです。

 

他のアレルギー疾患を持っている人は、特に注意が必要です。

 

日焼けサプリは、日焼け防止と日焼けし過ぎのかゆみを防ぐ!

 

痛み

炎症がエスカレートすると、痛みを感じるようになるでしょう。

 

痛みを感じるようになれば、かぶれの重症度は高いとして、ホームケアよりも皮膚科を受診する事が最善の策といえます。

 

浮腫み

かぶれ症状の初期に見られるのが浮腫みです。

 

赤みと浮腫みの両方が伴う時は、何らかの日焼け止めの成分に反応を示していると察知しましょう。

 

日光に当たると症状が悪化

当然の事ながら、日焼け止めは太陽から放たれる日光、いわゆる紫外線が当たると化学反応を起こして効果を表します。

 

これが正常に行われれば、問題なく肌の天敵である紫外線をカットできるはずなのです。

 

ですが、その日焼け止めの成分と相性が合わずに、日光に当たればますます化学反応が起きて、肌のトラブルが起きやすくなるでしょう。

 

湿疹

希に、細かいぷつぷつの湿疹ができるケースもあります。

 

汗をかきやすい夏時期にできやすい汗疹と間違えやすいため、注意が必要です。

 

日焼け止めを使うのも夏時期なので、かぶれの症状を見逃さないようにしたいものです。

 

日焼け止めの成分に注視しよう!

日焼け止めでかぶれた時の対処と敏感肌の紫外線対策について

 

日焼け止めには「紫外線吸収剤」と呼ばれる成分が配合されたタイプあります。

 

この成分は化学反応により紫外線を吸収して、熱のエネルギーを変換し皮膚細胞に与えるダメージを抑制する働きがあります。

 

しかし、この成分は肌に刺激を与える為、敏感肌の方などはかぶれの原因になってしまいます。

 

すべての日焼け止めに使用されている成分ではありませんので、心配な方は紫外線吸収材が不使用のタイプを選ぶと良いでしょう。

 

例えば、紫外線を散乱させて防止する効果の高い紫外線散乱剤などが主な成分の日焼け止めなどもあるため、紫外線吸収剤でかぶれた人は、こちらを試してみるといいかもしれませんね。

 

飲む日焼け止めの成分については「飲む日焼け止めに含まれるニュートロックスサンの効果について」で詳しく解説しています。

 

紫外線の強さに合わせたSPF選びが大切!

日焼け止めはできる持続させるために、濃厚なテクスチャーでべたつくものが多いですよね。

 

またSPF50以上の、紫外線が高い場所で使うときような日焼け止めもドロリとしたテクスチャーが特徴です。

 

すると毛穴が詰まる原因にもなりますので、しっかり洗い流さないと肌の乾燥ニキビなどの要因にもなってしまいます。

 

日焼け止めは、日常の生活紫外線ならば、SPF30程度のサラリとしたものを使いましょう

 

SPF50の商品は、紫外線の強い日や強い場所などの時に使うことをオススメします。

 

年がら年中、濃度の高い日焼け止めを使うと肌には負担がかかるため、その時に合わせた選別や使い方が大切です。

 

日焼け止めでかぶれた時の対処方法

日焼け止めでかぶれた時の対処と敏感肌の紫外線対策について

 

日焼け止めでかぶれた場合は、とりあえず症状を抑えるための応急処置が必要です。

 

肌が紫外線を浴びて熱を持っている可能性がありますので、まずは冷たいタオルで患部を冷やしましょう。

 

一刻も早く冷やす!

もし全身にかぶれ症状がある時は、シャワーを使うと便利ですね。

 

冷たいシャワーで、一刻も早く冷やす事で、日焼け止めによる全身の炎症を均等に緩和させてくれるでしょう。

 

市販の薬を患部につける

市販の薬をつける場合には、非ステロイド系の塗り薬がオススメですよ。

 

ちなみに、かぶれが酷い場合は、皮膚科を 受診する事になりますが、その時に医師がステロイド剤を処方する事もあります。

 

ですが、ホームケアの段階では、自己判断でステロイド系の薬品は使わないようにしましょう

 

応急処置でも緩和されない場合

軽い初期レベルのかぶれならば、自宅でのホームケアや市販薬で緩和できるはずです。

 

あまりにもかぶれが進行してしまったケースでは、皮膚の専門家である皮膚科の治療を受けましょう。

 

また、その後の正しいホームケアを継続する事で、日焼け止めによるかぶれを防ぐ事ができます。

 

日焼けにはオロナインよりも日焼け止めサプリが効く!

 

皮膚科を受診する

皮膚科では、日焼け止めによるかぶれ症状の患者に対して、まずは炎症を抑えたり、かぶれから化膿などしないように抗生物質などが処方するでしょう。

 

最近は日焼け止めの種類が増え、それを使うユーザーの数も増加しています。

 

日焼け止めによるかぶれリスクも高くなるため、皮膚科の受診者も多くなるでしょう。

 

また、自己判断で治療を止めるのではなく、医師の判断で治療を終了させる事が大切です。

 

日焼け止めによるかぶれ後のホームケア

日焼け止めでかぶれた時の対処と敏感肌の紫外線対策について

 

十分な水分補給

紫外線を大量に浴びると、肌から水分が逃げているので乾燥しやすい状態になっています。

 

夏の海水浴などの気温が高い季節は、水分補給もこまめに行うことです。

 

また、低刺激の化粧水で軽くパッティングなどしておくと、肌への水分は保たれます。

 

日焼け止めをストップさせる

日焼け止めでかぶれた場合は、しばらく紫外線を浴びず、日焼け止めの使用も中止して様子をみましょう。

 

ですが、日焼け止めを中止する事に不安を感じる人も少なくないはずです。

 

そのようなときは、飲む日焼け止めという内側からのケアも試す事ができるので、過度な心配は禁物ですよ。

 

肌のターンオーバーを整える

かぶれ症状が落ちつけば、肌を再生しようとする力が体内で働き出します。

 

そのひとつに、肌のターンオーバーがあげられます。

 

ターンオーバーを乱さないようにするには、十分な睡眠と、良質な栄養を摂取する事が大切です。

 

日焼け止めが使えない時の対策はどうしたらいいの? 

敏感肌や肌の調子により、日焼け止めを使うとかぶれやすい場合があります。

 

しかし、紫外線対策をせずに外出するのは、さらにリスクになりますよね。

 

では、そんな時は外に行けないのでしょうか…

 

このような場合は、飲む日焼け止めがオススメ。

 

話題の飲む日焼け止め!成分のPLエキスにはどんな効果がある?

 

肌の表面で紫外線対策ができない時は、体の内側からすればいいのです。

 

飲む日焼け止めは、肌を紫外線から守る成分や、美肌効果のあるビタミン類などがバランスよく配合されています

 

飲んで30分ほどで効き目が出ますので、外出先でも安心です。

 

日焼け止めには、合成界面活性座などの添加物も多く使用されていますので、長時間肌につけたままだと健康な肌でも負担となりますよ。

 

国内ではここ数年、飲む日焼け止めのユーザーが増えています。

 

海外では、こうした飲み日焼け止めが既に日常化しているのが現状です。

 

また、自然派成分を有効利用した飲む日焼け止めを併用したほうが、紫外線対策だけでなく、安全面や美容面でも安心ですね。

 

まとめ

日焼け止めで、かぶれた経験がある方は意外と多いと思います。

 

それ以来、日焼け止めを使うのがトラウマになってしまった…という人も少なくないでしょう。

 

ですが、紫外線の量はオゾン層の破壊などにより年々増加傾向です。

 

美容にも健康にも決して良くない、紫外線を見て見ぬ振りをするわけにはいかないでしょう。

 

紫外線で肌の温度が高くなり、汗をかく状態では肌の働きも敏感になってしまいますよね。

 

刺激の強いクリームよりも、これからは体のなかからのケアに注目してみませんか。

 

飲む日焼け止めに切り替える事で、日焼け止めによるかぶれリスクは下がる事が期待されるでしょう。

 

日焼け止めでかぶれた時の対処と敏感肌の紫外線対策について