曇りの日こそ油断大敵!日焼け対策には飲む日焼け止めサプリを

曇りの日こそ油断大敵!日焼け対策には飲む日焼け止めサプリを

曇りの日こそ油断大敵!日焼け対策には飲む日焼け止めサプリを

美容を気にかけている人であれば、晴れた日は紫外線対策を徹底して、日焼けを少しでも予防をしていますよね。

 

紫外線が肌に与えるダメージがどれほど悪影響なのか、紫外線を浴び続けることによって生じる肌トラブルや、悩みがどのようなものなのかよく知っているからです。

 

しかし、曇りの日に晴れの日と同じように、紫外線対策を完ぺきに行っている人は少ないはず。

 

雲によって紫外線を生み出す太陽が隠れているから、紫外線は雲によって遮断されているというイメージがあるからです。

 

実は曇りの日であっても、紫外線は雲のすき間をすり抜けて地上に到達しているのです。

 

紫外線は、晴れて太陽が見えている日だけでなく、曇っていて太陽の姿が見えない日でも気をつけなければいけないのです。

 

そこで、オススメなのが日焼けすることを体内から予防し、日焼けによる肌ダメージを抑える飲む日焼け止めサプリです。

 

肌に日焼け止めを使う事はもちろん、同時に体の内側からも日焼け対策をすることができます。

 

曇りの日でも結構日焼けをしてしまう、それは油断から

晴れた日よりも、曇りの日の方が日焼けしやすいという噂を耳にしたことがある人は少なくないでしょう。

 

実際、晴れた日と曇った日の紫外線量を比較すると、当然晴れた日の方が紫外線の量が大幅に上回ります。

 

では、どうして曇っていた方が、晴れているよりも日焼けしやすいなどという噂が流れるのか…

 

その理由は「曇りだから」という油断です。

 

晴れた日と曇りの日の紫外線量

晴れた日の紫外線量を100%とすると、曇りの日の紫外線量はおよそ50〜60%ほどになります。

 

この紫外線量で、どうして日焼けをしてしまう人が多いのか?

 

それは、太陽が見えないことで、紫外線対策をしなければならないという気持ちに油断が生じるからです。

 

強い太陽の光が直接的に降り注いでいなくても、紫外線はしっかりと肌に日焼けを残すほどの量があるという事なのです。

 

曇りの日はどのような紫外線対策をすべきなのか

曇りの日こそ油断大敵!日焼け対策には飲む日焼け止めサプリを

 

曇りの日でも、紫外線が確実に日焼けを生みだしてしまうのであれば、曇りの日はどの程度紫外線対策をしていればよいのか考えてみましょう。

 

曇りならではの特殊な紫外線が降り注ぐという場合もあり、かなり日焼け対策を充実させる必要があります。

 

曇りの日は散乱光に注意が必要

曇りの日でも、時々チラチラと雲のすき間から太陽が見えるような曇りの場合、「散乱光」によって紫外線量が晴れの日を上回るという場合もあります。

 

この散乱光は、薄い雲の粒子に太陽光が当って光が散乱することで、実際の光よりも強い光を放つ現象です。

 

この現象が起こると、雲が逆に太陽の光を散乱させ、実際の太陽光の量よりも多い光、紫外線を生みだすことになります。

 

さらに曇りの日という油断も重なり、非常に日焼けしやすくなるのですね。

 

つまり、曇りの日でも散乱光が生まれているという日もあることを考えると、晴れていなくても晴れの日と同様、しっかりとした紫外線対策をする必要があるということになります。

 

外側からのブロックでは限界がある、内側からも日焼け止め対策を

曇りの日こそ油断大敵!日焼け対策には飲む日焼け止めサプリを

 

上記のように、紫外線対策は一年を通して常にしておかなければ、いつ日に焼けて紫外線のダメージを受けてしまうかわかりません。

 

晴れの日だけでなく、太陽が雲に覆われている日も、紫外線対策をするということは非常に難しいこと。

 

どんなに完璧にUVケアをしたとしても、紫外線が肌に到達してしまうという場合もあります。

 

そこで利用したいのが、体の内側から紫外線対策をする事ができる、飲む日焼け止めサプリです。

 

体の内側からメラニンや肌老化を予防

飲む日焼け止めサプリは、紫外線を浴びてしまうと生じてしまう肌トラブル、エイジングサインを体内から強力に抑制することができます。

 

つまり浴びてしまった紫外線、そこから生まれる老化やダメージを無かったことにすることができるのです。

 

1.メラニン生成を体内から抑制

紫外線を浴びるとシミやそばかす、くすみなどの原因となるメラニンが作りだされます。

 

メラニンを体内から抑制することにより、美白効果も生まれ透明感のある美しい肌を保つことができます。

 

曇っていても油断は禁物ですが、ついつい油断して紫外線対策があまくなってしまう曇りの日でも、飲む日焼け止めサプリを利用していればダメージを最小限にすることができます。

 

2.紫外線による肌細胞の破壊を予防

紫外線を浴びると細胞が異常をきたし、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの生成が滞るようになってしまいます。

 

こういった肌の若々しさや、ハリ、つやを生み出す成分の生成力が低下することによって、肌は老化しエイジングサインを発症しやすくなってしまうのです。

 

飲む日焼け止めサプリは、体内から肌細胞の活性化を促し、肌に必要な成分を補うことで新しい肌が作りだされるのをサポートしてくれますよ。

 

3.肌にぬる日焼け止めと飲む日焼け止めサプリで紫外線対策が完璧に

肌にぬるタイプの日焼け止めは、確かに紫外線をブロックする効果があります。

 

しかし、塗りむらや汗や衣類の摩擦によって、日焼け止めが落ちてしまったり、部分的に効果が薄くなってしまうということも良くあることです。

 

そこで、飲む日焼け止めサプリを普段から活用することで、少々の紫外線が肌に到達してしまっても日に焼けにくい肌、紫外線ダメージを受けにくい肌を作りましょう。

 

曇りの日、散乱光で紫外線が強い場合でも、しっかりと対策ができているので日焼けする心配もありません。

 

塗るタイプと飲むタイプ、同時に利用することで紫外線に対する相乗効果を生みだすことができるのです。

 

まとめ

紫外線は知らないうちに浴びてしまっていることも多いもの、曇っていると紫外線対策が非常に面倒に感じることもあるでしょう。

 

うっかり日焼けを予防するためにも、ぜひ飲む日焼け止めサプリで一年中日焼け対策をするようにしましょう。

 

曇りの日こそ油断大敵!日焼け対策には飲む日焼け止めサプリを