日焼けによる水ぶくれを治すには?飲むサプリで内側からケアを!

日焼けによる水ぶくれを治すには?飲むサプリで内側からケアを!

日焼けによる水ぶくれを治すには?飲むサプリで内側からケアを!

強い紫外線を浴びると発生する、日焼け。

 

ですが日焼けは、ただ肌の色がこんがり小麦色になるだけではありません。

 

実は恐ろしい事態を引き起こしてしまうこともありますので、注意が必要です。

 

水ぶくれもその一つ。

 

日焼けが私たちの肌にもたらす影響と、その実態を検証します!

 

日焼けをすると水ぶくれが起きることも?!

日焼けをすると一般的に起こりやすい症状として挙げられるのが、肌が黒くなるなどの日焼け、シミそばかすなどのメラニンの色素沈着など。

 

ですが、こうした肌の黒ずみだけではなく、最も危険なのは、日焼けによる火傷!

 

日焼けは、肌が火傷している状態です。

 

あまりにも強い紫外線を浴びてしまったり、長時間紫外線を浴びて何のケアもせずに放置していると、火傷が悪化し、水ぶくれなどの症状が現れるケースも少なくありません。

 

一度水ぶくれが起きてしまうとなかなか治らず、下手をすると、跡が残ってしまうような事態に陥りかねません

 

そうならないためにも、紫外線は十分ケアを行い、対処する必要があるのです。

 

日焼けは肌がやけどをしている状態、サプリですみやかに修復を!

 

水ぶくれが起きてしまった時の対処方法は?

日焼けによる水ぶくれを治すには?飲むサプリで内側からケアを!

 

万が一、日焼けをして水ぶくれが起きてしまった時には、次ようなケアを行うといいでしょう。

 

患部をよく冷やす

肌が火傷をしている状態ですので、一刻も早く患部を冷やしましょう

 

アイスノンや、保冷材などをタオルなどに包んで患部を冷やしたり、流水で患部を冷やすようにしましょう。

 

*直接張るタイプの冷たいシップ等は、水ぶくれが破裂する恐れがあるので避けましょう。

 

*直接患部に保冷材などをつけても、破裂したり、低温火傷をしてしまう恐れがあるので絶対にやめましょう。

 

患部に出来るだけ触らない

水ぶくれが万が一破裂してしまうと、跡が残る場合や、炎症が起きてしまう可能性があります

 

水ぶくれを破裂させてしまわないように、十分注意をしましょう。

 

ついつい気になって触ってしまうと、破裂するだけではなく、雑菌が侵入してしまう原因に繋がる恐れがあります。

 

手なども清潔にしておく事で、万が一、患部に触ってしまっても細菌感染を引き起こす事を予防できます。

 

また、水ぶくれの治りかけ状態では、かゆみが出やすくなるため無意識のうちにかき毟る事もありがちですので気をつけましょう。

 

日焼けによる、かゆみについては「日焼けサプリは、日焼け防止と日焼けし過ぎのかゆみを防ぐ!」で詳しく解説していますよ。

 

ガーゼや絆創膏などで、破裂をしないようにカバーをしておくことも大切です。

 

日焼けをしやすい人は、こうしたガーゼや絆創膏類を持参しておくと良いですね。

 

非常事態の時は、清潔に保たれたハンカチ類を代用しても良いでしょう。

 

日焼けで水ぶくれを起こさないためにも事前にしっかりとケア!

日焼けによる水ぶくれを治すには?飲むサプリで内側からケアを!

 

日焼けをした際に注意しなければいけない水ぶくれ。

 

少しでも気を抜くと至る所に水ぶくれが出来てしまい、跡になってしまう可能性が高いので、日ごろから紫外線を浴びすぎないように、十分日焼けケアを行いましょう

 

帽子や日傘などのグッズを利用する事も良いですが、塗る日焼け止めを毎日習慣化させましょう。

 

外側からの塗る日焼け止めもケアとしては効果的ですが、外からだけではなく、体内からも日焼けをケア、カバーするためには、飲むタイプの日焼け止めも利用することがおすすめですよ。

 

水ぶくれ状態に塗るタイプの日焼け止めはタブー

水ぶくれの状態に、化学成分が配合された日焼け止めをつけると、余計に肌を悪化させて、水ぶくれがより酷くなる事があります。

 

そのような時は、日焼け止めをつけることをストップさせましょう。

 

水ぶくれが落ちついて跡も残らない状態になれば、再開されても良いでしょう。

 

または、医師から日焼け止めをはじめとする、化粧品の再開許可が下りるまでは待ちたいものですね。

 

ちなみに、塗る日焼け止めには二つのタイプがあります。

 

紫外線防御効果の最も期待できる「紫外線吸収剤」を主成分としているタイプと、紫外を拡散させて防御する「紫外線散乱剤」を主成分とするタイプ。

 

特に、前者は肌に与える刺激が強いため、水ぶくれ時の使用は控えるべきでしょう

 

日焼け止めでかぶれた時の対処と敏感肌の紫外線対策について

 

水ぶくれ時の日焼け対策

水ぶくれ時には、塗る日焼け止めを避けた方が良いものの…

 

やはり、その間における紫外線対策をしていないのはとても不安になるものです。

 

そのような時は、肌に直接つけるタイプではなく、飲む日焼け止めを活用する事も検討しましょう。

 

飲む日焼け止めはその名の通り、事前に飲んでおくことで紫外線ダメージを防止する効果が期待できるサプリメントです。

 

飲む日焼け止めを飲むことで、塗る日焼け止めのように塗りなおす手間などもなく、長時間の紫外線にも強い肌を手に入れやすくなるといえるでしょう!

 

塗る日焼け止めが使えないからと、紫外線にビクビクするのではなく、こうした日焼け対策もあるということを念頭におきましょう。

 

肌の弱い人ほど、紫外線の影響を受けやすい!

日焼けによる水ぶくれを治すには?飲むサプリで内側からケアを!

 

日焼けによる水ぶくれは、発症しやすい人とそうでない人がいます。

 

それはどのような違いなのかと言うと、敏感肌アトピー性皮膚炎などの疾患をお持ちのかたの水ぶくれ発症リスクが高いという事です。

 

飲む日焼け止めがアトピーの人におすすめの理由とは

 

こうした肌の弱い人は、外部刺激から肌を守るバリア機能が弱いため、紫外線や化学物質などの刺激を肌に取り入れてしまうのです

 

ですから、なんの肌トラブルを抱えていない人よりも日焼けの影響を何倍も受けやすく、水ぶくれの発症も高まると言えます。

 

しかも、肌の弱い方は、強めの日焼け止めが肌に刺激すぎて使用できないケースが多いため、日焼けと予防策のジレンマが生じてしまうのです。

 

「水ぶくれがおきないように日焼けをしっかり防御したいけれども、強い日焼け止めはむやみに使えないし…」

 

「じゃあ、どうすれば?泣き寝入り?」みたいな感じであきらめている方も少なくはないでしょう。

 

そんな時こそ、肌の弱い人の救世主となる、飲む日焼け止めで適切に対処できると言うわけです。

 

ひどい日焼けで湿疹や肌トラブルも!日焼け止めサプリで予防を

 

水ぶくれになりやすいケース

肌が弱い人ほど、水ぶくれになりやすいのは前提ですが、実は通常は丈夫で健全な肌でも急激に、水ぶくれを引き起こす事もあります。

 

それはどのような時かと言えば、普段受けている紫外線量の何倍も紫外線を受けるような時です。

 

例えば、紫外線量の多い海やハワイやグアムなどの赤道付近への旅行や滞在などがあげられるでしょう。

 

沖縄で絶対焼きたくない!紫外線対策は飲む日焼け止めサプリが有効

 

ですから、「自分は日焼けに対して何の心配もいらない!」と思っている人ほどその油断から、紫外線カットが手薄になり、水ぶくれを起こしやすくなる事もあるのです。

 

また、体調が悪かったり、寝不足だったりする事で肌のバリア機能が衰退してしまっている状況にある時も、こうした日焼けによる水ぶくれ症状が突発的に生じる事がありますよ。

 

つまり、日焼けによる水ぶくれはどんな人でも発症する事を否定できないのです。

 

まとめ

日焼けは、こんがりとスムーズに焼ければ、小麦肌が眩しいカッコよくて健康的な肌になります。

 

しかし、紫外線に対する抵抗力が弱い人ならば、そうした健康的とはかけ離れた“水ぶくれ”状態になりかねません。

 

日焼けは言わば、火傷と同じ理屈ですから、酷いと水ぶくれになるのです。

 

日焼けをあまく見ていると、いつ水ぶくれ状態となってしまっても不思議ではありませんから、注意が必要です。

 

また、こうした水ぶくれ状態で、化学成分が含まれた日焼け止めをつける事はタブーとなります。

 

ですから、こうした状況下にある時は、内側からの日焼け対策、飲む日焼け止めを試すと良いでしょう。

 

日焼けによる水ぶくれを治すには?飲むサプリで内側からケアを!