紫外線アレルギーの症状と対策。飲む日焼け止めがオススメの理由

紫外線アレルギーの症状と対策。飲む日焼け止めがオススメの理由

紫外線アレルギーの症状と対策。飲む日焼け止めがオススメの理由

食物アレルギーや動物アレルギーなど、アレルギーには様々な種類のものがありますよね。

 

その中でも、非常に大変なアレルギーの一つとして知られているのが、紫外線アレルギー

 

紫外線アレルギーとはその名の通り、紫外線を浴びることで、肌の発疹かゆみ呼吸困難など、様々なアレルギー症状を引き起こします。

 

ひどい日焼けで湿疹や肌トラブルも!日焼け止めサプリで予防を

 

症状がひどい方の場合は、日中に外を歩くことすら困難という方もいるのです。

 

そんな紫外線アレルギーの対策ケアとしても、飲む日焼け止めは効果を表すことで知られています

 

飲む日焼け止めが、紫外線アレルギーの方におすすめの理由を解説していきますね。

 

紫外線アレルギーの原因

紫外線アレルギーの主な原因は、大きく分けて内的なもの、外的なものになります。

 

内的な要因は、その人が持つ紫外線に対する許容量が超えてしまった時に、代謝異常や遺伝子レベルの異常がでてくる事で発症してしまうのです。

 

例えば、いくら大量に真夏の紫外線を浴び続けても、何の反応も出ない人はたくさんいます。

 

ですが、ちょっとした紫外線を浴びただけでも尋常でなく顔が赤くなったり、ヒリヒリしたりする人も中にはいるのです。

 

一方で、外的な要因で生じる紫外線アレルギーは、服用した内服薬や日焼け止めの強い成分などが、紫外線を浴びる事で化学反応を引き起こし、アレルギーを引き起こすのです。

 

いずれにしても、紫外線アレルギーを引き起こす原因は人それぞれ違いがあり、程度や症状にも違いがあるのです。

 

紫外線アレルギーチェック!

紫外線アレルギーの症状と対策。飲む日焼け止めがオススメの理由

 

紫外線アレルギーは、以下のような症状が発生しやすくなるため、思いあたる点があれば、即座に紫外線対策が必要となるでしょう。

 

  • □腕や首などの柔らかい部位に湿疹や水ぶくれができる
  • □皮膚が赤くなる
  • □皮膚がかぶれる
  • □頭痛が生じる
  • □吐き気が生じる
  • □発熱しやすくなる
  • □涙がでる
  • □目がゴロゴロ異物感がある
  • □眩しさを感じる

 

こうした症状は、急に発症してしまうケースもあり、1度発症してしまうとなかなか改善に時間がかかります。

 

紫外線アレルギーは体の変わり目に発症しやすい!

紫外線アレルギーは、花粉症などと同じように、昨日まで何の症状がなくとも、次の日から症状が突然出てきたりするものです。

 

例えば、女性ならば出産前後や、更年期前後でしょう。

 

また、紫外線量の多い地域への居住などでも発症リスクが高まります。

 

ですから、何の症状も出ていない状態でも、紫外線アレルギーがいつ発症しても問題ないように、一年中しっかりとした紫外線対策が必要となるのです

 

オゾン層の破壊などで、紫外線量が年々増加傾向にあります。

 

それに比例するように、紫外線アレルギー疾患者は増加するという事を念頭に置きましょう。

 

紫外線アレルギー!特に目の症状には要注意

紫外線アレルギーの症状と対策。飲む日焼け止めがオススメの理由

 

紫外線アレルギーの症状に、目の疾患が多数あげられます。

 

飲む日焼け止めで目の紫外線対策をするポイント

 

なぜならば、目の中にある網膜には紫外線を受ける細胞が存在し、紫外線反応が出やすくなるのです。

 

それにより、野外でのスポーツやアウトドアの時に、目の異常を感じる人は少なくありません。

 

異常な眩しさむくみ涙目などがその症状になります。

 

それらの症状が続くと、角膜などの異常を引き起こし、白内障や視力低下などが発症しやすくなるでしょう。

 

日焼け=目の疾患」までは想像しづらいですが、放っておけない症状のひとつになります。

 

また、目の日焼けを防ぐには、UV効果の高いサングラスが効果的であったり、コンタクトレンズ、目の炎症や痒みを防ぐための目薬なども予防策となるでしょう。

 

ですが、サングラスを利用できる場所も限られています。

 

目につけられるUVクリームなどもありません。

 

また、UV効果のある目薬は存在せず、あったとしても涙ですぐ流れてしまうでしょう。

 

そんな時こそ、飲む日焼け止めを飲用する事で、目の日焼け対策ができるのです。

 

紫外線アレルギーには、目に吸収される紫外線をしっかり対策しないといけませんね。

 

紫外線アレルギーの対策や治療はある?

紫外線アレルギーの症状がいくつか見られたら、皮膚科や大学病院などで専門検査を受ける事で診断されるでしょう。

 

紫外線Aと紫外線Bのそれぞれの反応を見たり、血液検査したりと総合判断されます。

 

また、その結果次第では、痒みに効果的な抗ヒスタミン薬や、ステロイド剤などが処方されたり、食事療法がなされたりするものです。

 

中には副作用が心配で、漢方薬治療に専念するケースも珍しくありません。

 

ですが、こうしたステロイド剤などをはじめとした強めの薬品は、副作用の心配があるため、なるべく使用したくないのが本音でしょう。

 

薬に頼るよりは、紫外線をどこからも入れ込まない、隙のない紫外線対策に比重を置いた方が良いですね。

 

それには、塗り残しの出てしまう日焼け止めよりも、全体的に塗り残しを生じさせない飲む日焼け止めを使用する事がオススメなのです。

 

日焼け止め塗っても焼ける肌には、飲む日焼け止めサプリが効果的

 

紫外線対策に良い食べ物

紫外線対策に、良い食べ物にも注目してみましょう。

 

抗酸化作用を持ち、コラーゲンの生成に効果的なブロッコリーやほうれん草などのビタミンC

 

紫外線に対する耐性を高めるトマトなどに含まれるリコピン、皮膚ガンの対策にもなるブドウなどのポリフェノールがあげられます。

 

紫外線アレルギーの発症を防ぐ!?

紫外線アレルギーの症状と対策。飲む日焼け止めがオススメの理由

 

飲む日焼け止めはその名の通り、体内に摂取するタイプの日焼け止めです。

 

その効果は非常に高く、飲み続けることで紫外線を体内に吸収しにくくなり、紫外線ダメージを緩和する効果が期待できます。

 

商品によっても異なりますが、多くの商品が紫外線を体内に吸収せずに、そのまま無害化して排出、吸収を事前に防ぐ効果が期待できると言えるでしょう。

 

そのため、塗る日焼け止めだけでは何の効果も表れなかったという紫外線アレルギーの方でも、体内から体質を作り変えることが出来ると言っても過言ではありません。

 

飲み続けることで、紫外線アレルギーの発症を抑えやすくなるといえるでしょう。

 

紫外線を恐れずに少しでも肌を露出したい、日傘に長袖、サングラスなどの重装備をせずに、日中に気兼ねなくお出かけをしたい…

 

という、紫外線アレルギーの方などには、まさにぴったりの商品だと言えます。

 

飲む日焼け止めの持続時間と飲むタイミング

 

サプリメントタイプで安心して飲める♪

紫外線アレルギーの症状と対策。飲む日焼け止めがオススメの理由

 

飲む日焼け止めのほとんどが、医薬品としてではなく、自然派由来の成分を中心に作られたサプリメントタイプです。

 

そのため、副作用はなく、安心して飲むことが出来るといえるでしょう。

 

薬とは異なり、サプリメント同士の飲み合わせなどを気にする必要もないと言われています。
*自然派由来の成分で作られている商品が多いため、食物アレルギーなどを持っている方は、成分に反応してしまう場合があります。
アレルギーがある場合は、事前に成分表をよく確認して、摂取しても問題がないか医師と相談を行いましょう。

 

飲み続けることで効果を発揮!?

飲み続けることで紫外線をガードするだけではなく、体質そのものを改善していき、紫外線アレルギーの症状を改善していく効果が出る場合があるそうです。

 

商品によってももちろん異なりますが、飲み続けた結果、紫外線のダメージによる肌荒れ、美容面なども改善していく効果が期待できます。

 

体質改善アレルギー症状の緩和も、決して難しい話ではないといえるでしょう。

 

日焼け止めではどうしても防ぎきれない紫外線を、体内からしっかりとガードするためには、飲むタイプの日焼け止めがおすすめです!

 

飲む日焼け止めサプリメントを試してみたいという方は、人気ランキングもチェックしてみてくださいね。

 

まとめ

紫外線は、肌にとても悪影響を及ぼします。

 

紫外線アレルギーは、その症状がひどく出てしまう人の事です。

 

ですが、1度発症してしまうと改善に時間がかかったり、治療にもお金やストレスが生じたりするものです。

 

さらに、肌だけでなく重大な目の疾患にもつながるため、ケアをおろそかにしてはならないのです。

 

そのためには、肌だけでなく、目や髪、頭皮などから紫外線を入れ込まないようにする事が大切です。

 

塗り直しが必要であったり、塗り残しがあったりする塗る日焼け止めよりも、隙なくお手入れできる飲む日焼け止めがベスト対策となるでしょう。

 

紫外線アレルギーの症状と対策。飲む日焼け止めがオススメの理由