日焼け止めクリームのSPAやPAの意味を理解して紫外線対策を!

日焼け止めクリームのSPFやPAの意味を理解して紫外線対策を!

 

日焼け対策をしようとして、塗るタイプの日焼け止めを選ぶ時、何を参考に選んでいますか?

 

ほとんどの人が、SPFPAという文字や、その文字に付け加えられている数値や+の数を見て判断しているのではないでしょうか。

 

しかし、SPFやPAについて、きちんと理解している方は少ないはず。

 

ここでは、SPFやPAについて詳しく解説していきます。

 

SPFやPAを正しく理解して、日焼け止めを選ぶことが大切ですよ。

 

SPFについて

 

Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)を意味するSPF。

 

紫外線B波(UVB)をどれくらいカットすることができるか、ということを示している数値になっています。

 

紫外線B波(UVB)は、シミそばかすなどの老化現象の大きな要因を作りだす紫外線。

 

日焼けでできたシミ、キレイにするための方法を徹底研究

 

長期的に浴び続け、細胞が損傷を受け続けると、皮膚がんになってしまうというケースもあるため、しっかりと予防していくことが大切になります。

 

SPFの数値が表すもの

SPFで示される数値が表すものは、紫外線を浴びた際に、皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に長くできるかを表したもの

 

SPFの数値単位は、時間で20〜25分を1単位としています。

 

例としては、SPF20だと…

 

20分×SPF20=400分

 

つまり、SPF20の日焼け止めを塗った場合、6〜7時間は日焼け止め効果があるということです。

 

注意点

このSPFの値は、数値が高ければ高いほど日焼け止めの効果が高いということになります。

 

しかし、その数値に比例して、肌への負担も大きくなるということを知っておきましょう。

 

数値が非常に高い場合、日焼けする以上に肌に大きな負担がかかってしまうという場合もあります。

 

また、汗や摩擦などで知らないうちに日焼け止めが落ちてしまうということもあるため、塗り直しや重ね塗りが必要。

 

日焼け止めの塗り直しで絶対やかない!塗り直すタイミングとコツ

 

その際の肌負担も考慮し、SPFの値は日差しの強弱や用途、日差しの下にいる時間等を考慮して使い分けるようにすると良いでしょう

 

PAについて

日焼け止めを選ぶ際に、特に注目されるのがSPFの値ですが、PAの表示もしっかりと見なくてはいけません

 

Protection Grade of UVA(プロテクショングレイドオブUVA)の省略で、紫外線A波に対する防止効果を表しているものです。

 

紫外線A波は、皮膚を黒くするだけにとどまらず、やがてしわたるみといったエイジングサインの原因となる紫外線。

 

アンチエイジングの観点からも、このPAについてもしっかりと理解しておくことが大切です。

 

PAの+が表すもの

紫外線A波の防止効果は、+の数が多いほど高いということ。

 

PAの値は、下記のように4段階に設定されています。

 

PA++++

極めて高い効果がある

PA+++

非常に効果がある

PA++

かなり効果がある

PA+

効果がある

 

このようにPAの値は4段階に分かれていて、具体的な数値などはありません。

 

目安としては、日常的な買い物に出かけるという時には、PA++くらいの値があれば十分でしょう。

 

注意点

やはり+の数が多くなるほど、肌に与える負担が大きくなります。

 

数値が高ければよい、+の数が多ければよいというわけではないという点に注意しましょう

 

また、記載が小さい場合が多く、見落としがちなので、しっかりと確認するということが重要です。

 

日焼け止めだけでは日焼け防止対策は不十分

 

このように、日に当たる時間等をふまえて、自分にあった効果を持つ日焼け止めを利用することはとても重要です。

 

しかし、塗る日焼け止めを利用するだけでは、十分に紫外線をブロックしたとは言えません

 

以下のような対策も、同時にしておくことがベストです。

 

  • 塗る日焼け止め以外の紫外線対策
  • 帽子や日傘

 

塗る日焼け止めは、非常に肌に与える負担が大きいため、帽子や日傘など、直接日差しを避ける事ができるツールも活用しましょう。

 

日焼け止めでかぶれた時の対処と敏感肌の紫外線対策について

 

日焼け止めの数値が高いものを使用し、帽子や日傘などを使用せずにいると、日焼け以上に肌負担が大きくなってしまいます。

 

後々、エイジングサインや肌乾燥といった、肌トラブルに悩むようになってしまうので注意しましょう

 

体の内側からも日焼けを予防、飲む日焼け止め

日焼け対策として非常に有効な手段が、飲むタイプの日焼け止めサプリを利用して、体の内側から紫外線対策を行うという方法です。

 

飲むタイプの日焼け止めであれば、非常に効率よく紫外線を予防していくことができる上に、塗る日焼け止めでは実現できないメリットがありますよ。

 

飲む日焼け止めのメリット
  • 飲むだけという手軽さで、日焼け対策を忘れる心配がない
  • 肌に全く負担をかけない
  • 汗や摩擦などで落ちてしまい、うっかり日焼けするという事がない
  • 日焼け止めを塗ることができないや、日焼け止めを塗る際に手が届かない塗りにくい部分の日焼けも予防することができる
  • 肌に良い成分を配合しているため、日焼け対策をしながら肌ケアも行うことができる
  • 塗り直したりという手間が全く無い

 

まとめ

日焼けを予防し、紫外線による肌ダメージを抑制するということは、今の肌の美しさを維持するだけではありません。

 

将来の自分の肌の状態を左右する、非常に重要なスキンケアだと言えるでしょう。

 

紫外線が肌に与える深刻なダメージは、すぐに肌に出現するというだけでなく、時間の経過とともにじわじわと表れてくるという場合も多いです。

 

美しい肌をいつまでも維持していきたいのであれば、紫外線を日常的にしっかりと予防していくことが大切

 

塗るタイプの日焼け止め、さらに帽子や日傘を活用することも効果的です。

 

また、飲むタイプの日焼け止めを使用して、紫外線対策を完璧に行うようにしましょう。