サンバーンとは何?その対処方法と日焼け止めの基本知識を解説

サンバーンとは何?その対処方法と日焼け止めの基本知識を解説

 

紫外線が、肌に深刻なダメージを与えるという事は知られていますよね。

 

昨今では、

  • 日焼けをいかに予防するか
  • 紫外線からどうやって肌を守るか

 

ということに着目した、商品の開発が盛んになりました。

 

日焼け止め効果がある飲むタイプの日焼け止めまで登場し、体内から日焼け予防をしてくということも実現しています

 

そこで今回は、効率よく日焼け止めを実現していくために、サンバーンへの対処法、有効な日焼け止め対策等…

 

日焼け止めの基本知識について、詳しく解説していきましょう。

 

サンバーンとは?

まず「サンバーン」とは、いわゆる一般的に言う「日焼け」のこと。

 

医学的に言うと「日光皮膚炎」、つまり皮膚が紫外線によってやけどを起こしたという状態になります。

 

日焼けは肌がやけどをしている状態、サプリですみやかに修復を!

 

紫外線B波の影響が大きい

このサンバーンを引き起こすのが、急激に皮膚に作用する大きな力を持った紫外線B波になります。

 

症状としては、日焼けをした部分の皮膚がヒリヒリして痛む、赤くなる、深刻になると水ぶくれになるケースも少なくありません

 

日焼けによる水ぶくれを治すには?飲むサプリで内側からケアを!

 

サンバーンを起こしやすいケース

 

サンバーンは、起こりやすい人と起こりにくい人がいます。

 

皮膚細胞の遺伝子の大きな損傷につながりますので、サンバーンを起こしやすい人は、紫外線予防に特に力を入れるようにした方が良いでしょう。

 

また、サンバーンを起こしにくい人でも、紫外線によって確実に肌細胞にダメージを受けてしまいます

 

しっかりと日焼け対策を講じることは、自分の肌を守ることにつながりますので、紫外線対策を万全にしましょう

 

色が白い人は要注意!

もともと色白の人は、メラニンの量が少ないため、肌を守る力が弱く、サンバーンを起こしやすい人だと言えます。

 

紫外線対策をしっかりと行い、サンバーンを徹底して予防していきましょう。

 

海水浴、プールなども紫外線量が多い

海やプールの水、または砂からの照り返しがあるため、こういった場所では思った以上に紫外線の量が多いもの。

 

サーフィンを楽しむための日焼け対策には飲む日焼け止めを!

 

また、水の中にいたとしても、紫外線は確実に肌に影響を与えている事を忘れてはいけません

 

さらに水や汗の影響で、塗るタイプの日焼け止めは効果が思うように発揮されないということもあります

 

午前10時〜午後2時の間の時間帯

この時間帯は、非常に紫外線の量が多く、1日のうちで特に紫外線に気をつけるべき時間帯と言えます。

 

雪の照り返しもかなり強烈

冬は、あまり紫外線対策をしないという人も多いですよね。

 

日焼けは冬でも要注意!日焼けによる肌老化防止におすすめサプリ

 

しかし、実は雪による紫外線の反射や照り返しによって、思わぬサンバーンを起こしてしまうという人もかなりいます。

 

さらに、標高が高い場所では紫外線量が多めですし、雪が降っていればさらに紫外線の量が増えるので気をつけましょう

 

正しいサンバーン対処法

 

では、サンバーンになってしまったときには、一体どのような対処法を施したらよいのでしょうか。

 

サンバーンを引き起こしてしまった後の対処によって、後々の肌の状態が変わってきますので、しっかりと正しい対処法を知っておくことが重要です。

 

やけど状態なのですぐに冷やす

肌が火照ってやけどをしている状態のため、冷やして火照りや熱を取り除いていくことが先決です。

 

水やシャワーを浴びる、水で濡らしたタオルや保冷剤を当てるなどの対処をしましょう。

 

痛みが和らいだら化粧水

冷やすことで、火照りが静まり肌が落ち着いて来たら、消炎作用がある化粧水などを利用します。

 

しみる場合には化粧水ではなく、日焼けややけどに効果のある軟膏などで対処しましょう。

 

日焼けにはオロナインよりも日焼け止めサプリが効く!

 

保湿して肌を守ることも重要ですよ。

 

あまりにもひどい場合には皮膚科へ

深刻な日焼けをしてしまい、痛みが引かない、水ぶくれができてしまっているという場合には、皮膚科を受診しましょう。

 

サンバーンを予防するためにオススメの方法

 

サンバーンは、起こってしまってから後悔しても、受けてしまった肌ダメージをゼロにすることは難しいでしょう。

 

そこでオススメなのが、普段から紫外線に負けない肌を作りだしておく、日焼けしにくい肌環境にしておくということ

 

そのために役立つアイテムとして便利なのが、飲むタイプの日焼け止めです。

 

体の内側から紫外線に対処することができる上、目や手の届かない日焼け止めの塗りにくい部分の紫外線対策としても効果が期待できるでしょう。

 

気が付かない頭皮の日焼け、日焼け止めサプリで健康な頭皮を!

 

外側と内側から紫外線対策をすることで完璧にサンバーンを予防

外側からの塗るタイプの日焼け止めに加え、飲む日焼け止めで体の内側から紫外線対策をすることで、サンバーンを完全に予防することができます。

 

飲む日焼け止めは、塗るタイプでは阻止できない日焼け防止対策の穴を、完全にカバーしてくれますよ。

 

また、きれいな肌作りのためにも役立ち、普段から継続して利用することで、太陽に負けない健康で美しい肌を目指していくことができるでしょう。

 

まとめ

サンバーンは、その時肌に深刻なダメージを与えるだけではありません。

 

5年後、10年後…将来の肌にもエイジングサインとして出現してしまうという、大きな肌内部損傷を引き起こしてしまいます

 

これを予防するため、普段から紫外線対策を徹底する、内側からの飲む日焼け止めでの紫外線対策をしっかりと行っていくようにしましょう

 

サンバーンによって受ける影響の大きさによって、将来の自分の肌の状態が決まるといっても過言ではありません。

 

いつまでも若々しく美しくいるために、サンバーン対策は外側からも内側からも継続して行っていくようにしましょう